おばさんの落ち穂ひろい

ほとんどガス抜き 誤字脱字すみません

悲しいことが・・・

"  悲しいことが多いと 景色が綺麗に見える  "

         S嬢の友人H之内さん

 

S嬢と サイゼリヤランチのあと

死にそうな おばさんを 励ましに 仕事場へ 寄ってくれました

母の葬儀後 知人が なんだかんだと 教えてくれたりで(   生前に言ってよ〜〜〜(;o;) 凹みすぎてアルゼンチンまで行ったじゃんかーーー ) 

あっらー 幸楽のさつき(渡鬼泉ピン子)くらいじゃ まだまだ甘いなあ・・・

さつきのほうが5〜10倍くらい(何の根拠だ)は幸せだと思う

 

で 上の言葉ですが

いまだ 続く 苦悩や さらに いろんなこともあり

 (おば) 「心底ガックシで 立ち直れそうにないくらいなのに 毎日 出勤途中に 

      黄色や オレンジに色づいた 葉が いっぱい 目に 飛び込んで

      あーーーーーー綺麗 うわーーー綺麗ーーーーーーー うわーーー って

      思うんだよね 前より もっと もっと 感動するんよね 」

      って言ったら

(H之内さん)「そーそー 悲しいことが多いと 景色がきれいに見えるんよーーーーー」 と

 

そうかあ 嫌なもん 目の当たりにして 辛抱してると 勝手に 良いもん見つける 仕組みが

ちゃんと あるわけなんだな 

深いなーーー 人って  絶妙

景色だけじゃないんですよね

人が見えてきました

人間関係がガラリと入れ替わると思うし

自分の人生を苦しめていたものもわかったし

 

学び って どこまで行っても あるのねー

やっぱり どうしても 落ち穂 拾っちゃいます

 

 

f:id:ARROWS-ADSP201503:20151113201629p:plain