読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばさんの落ち穂ひろい

ほとんどガス抜き 誤字脱字すみません

人柄の前に・・・

海底1万mのボヤキ

"  紹介は 人柄の前に 仕事できてなんぼ  "

おばさんの前の車の営業担当者さん

 

ガス抜き記事です

すみません。。。

 

母が末期がんでもう余命がないとわかったときに

かねてから 出ては消えていた 計画の

家のリフォームをしようと

叔母の家の お婿さんに依頼しました

 

おばさんのクライアントさんは建築会社が多く

やってあげるとも言ってくださったのですが

 

叔母も従妹も 前から そのつもりで

父は おばさんの言うことは 世間しらずの言うこと と

信じない人だし 

なんでか 下の叔母を 神のように思っているので

まるくおさまるには 一択でした

 

依頼後 一向に進まず

生きてるうちに 間に合いそうにないので

別の場所一部だけに変更してもらいました

 

それも 納期に 間に合わず

出来たら モノも違うし 請求額は話しと違うし

 

よくあることなんでしょうけど

商品知識もないし 打ち合せのものを 注文してないし

現場は間違ってるし 要望は否定

 

しかし ここでクレーム言うと 同居のお婿さんだから

肩身はせまいだろうと我慢したのですが

 

電話かけてきて 長々 グチグチいわれるし 

毎度 とにかく 水道管の立ち上げ ← この話しばっか もう終わってる話・・・

 

しつこくて 限界超えて 電話で 

「 正気?そんなん仕事じゃないわ

  そういう人 少なくとも うちの事務所には要らんわ 」って言ったら

 

その 後惨事

 

叔母2人が お婿さんに対して 意地悪したと

どうして 納期など 厳密にいうのかとか 

怒鳴ってきて

父も 叔母たちに 加勢してしまい 

父が 叔父まで味方につけて 

大惨事・・・

 

そんなことで 母には よりツラい目あわてしまうことになった

 

お婿さんとこの会社は 工事中に 

母の鏡台や タンスをこわして帰っていて

それだけでも 謝ってくれたらな〜と思い

見てもらったのですが

お婿さんは 見て あー といって終わり

 

母は 結局生涯 自由に買い物してないんですが

家具も 兄に買ってもらったという

この嫁入り家具しかもってなくて

 

思い起こせば 同居していた 叔母2人は 

地元でも有名なくらい贅沢だったみたいで

家具も もの凄いのを たくさん お嫁に 

持っていったなあと 幼いころの 

記憶があります

 

(なんか色々 おかしいのよねー いまだうちの土地家屋にも

母のなんかあるはずもなく 叔母たちの名義が入ってて 賃貸しようかっていったら 

あんたの自由にはならんはずよと 叔母にいわれて 最近知ってびっくりした

まこれは愚痴ですが)

 

結局 母は 一時 退院後

壊れたのは 見たけど 普通の顔してました

 

なんか 可哀想すぎる・・・ と思い 

 

お婿さんは 

トラブルの原因はおばさんにあると言ってたようなので

なんかこの流れでいかなきゃ収集つかなかな と思い

 

営業の人に そのお婿さんの 家での立場と 会社での立場 

この先 弱い立場になる父の ことも考えて 

円満にしておきたいから

ぜんぶ 皆がいうように  

おばさんに問題があった としておいて欲しい

そのかわり 家具の件だけ 弁償とかはいらないので

謝って欲しい ってことで

 

直します っていってたけど

なにもしなくて 2回ほどお願いしたけど

 

結果は 全部スルー 

 

その後 おばさんは 下のおばさんの家に 父のために

土下座に行くはめになりやした

 

そして 葬儀の日も 叔父に どつかれるわけです・・・

さらに 叔母二人の衝撃の言葉に 

様々な問題の原因を 確信してしまった・・・

ま 今はいわんとこ っと

 

長くなりましたが 

格言は おばさんの信頼する 営業さんが 言ってました

「縁故とか よく言いますけどね 仕事が出来ての縁故 ですよ

できないのに 縁故って本末転倒です」 って言ってました

ですね ですね・・・