おばさんの落ち穂ひろい

ほとんどガス抜き 誤字脱字すみません

ブツブツ・・・

昨日の続き

 

黙して忍耐続けたから 仕事が成功してる と言われたのだけど

黙して忍耐の中には 自分だけではない苦労や涙もあるわけで

仕事とは関係ない苦労の対価になることも いまはよくわからない

 

人の心と 仕事や名誉は 天秤に載せられるものではないし

載せたこしても 仕事や名誉みたいなもんは 捨てますけど

もしかした そういう発想が一般的には違うの???

 

主張をしない人生なんて 

そんなに 自分や 黙する善人を これから先も耐えさせていいのか

 

おおきな 目線では そういうことも小さな出来事なんだろうけど

人が人のために 一生懸命やったり 今後の 不幸が増えないように

頑張ったり そういう力は 人に備わっているし

人の社会では そういう仕組みもある

 

そういう区切りで

新しいい一歩を踏み出し

負のモヤモヤは消え 

嫌いな人たちの人生の幸福も心から願うことができる

そういう解決って ダメなのでしょうか

 

そういう人たちはほっておけば 後で・・・っていう話しもある

確かにそうです

でも 後での後は 人生終わる頃だったりして その間の被害者も

増えてると思うのだが

なにより 人の不幸を願っているようで ちょっとおかしいね と思う

嫌な人だって あまりの不幸に見舞われることは望んでないし

 

いままでも 嫌な目にあってきたけれど

相手方に めちゃくちゃ不幸を望んだりは やっぱりできないし

こちらが 辛いときも でもな 相手方の周囲で笑顔があれば

それは やっぱ 全世界的には 幸せは 増えてることに間違いは ないんだよな 

すごい理不尽ではあるけど 

おばさんが 忍耐して辛い分 世界のどこかで 誰かの幸せに変わっていると

信じよう! 自分の忍耐は 誰かの幸せ と思って 生きてきたわ!! 

 

でも最近 自分だって幸せだっていいんじゃないの?

しかも 自分が幸せなとき 周囲も幸せも増えてるじゃん って思うけどな

 

そうじゃなくて もっと深いものがあるのかな

やっぱ 理解できないなあ

あーあ