読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばさんの落ち穂ひろい

ほとんどガス抜き 誤字脱字すみません

子どもと大人の・・・

以前 道端で 長話をした 

仕事場近くを 通学している男の子と

今日また 話す機会がありました

 

待ち合わせだったようですが

1時間半ほど 話してましたが 相手は現れませんでした

 

理由はわからないので なにか事情あるのかもしれません

 

従妹が 最近の子供は ドタキャンが多いと 言っていました

ドタキャンの理由は 別の予定が入ったから とからしいのです

なので キャンセルされた方は 時間が空いてしまうそうです

 

ちょっと 理解できない 人間関係ですが 最近は

普通なのでしょうか・・・

 

久しぶりに 道端で話した 男の子

もう 学年が変わっていて 中3 受験生になってました

 

前は 超楽しい〜 って感じでしたが

ま いろいろ ストレスも増えたようで

聞いてると 大人の社会も一緒だな って思うようなことです

 

優越感をもって人と接している人 

それに同調してる人

理解に苦しんでる人

 

そういう中で成長するのでしょうが 

子どもと大人の境目って このあたりなのかな って思う

 

少し前は 子ども同士の 純粋な人間関係の中にいたのに

価値観の違う人たちも多くなり

心が 晴れ晴れとした日ばかりでなく

嫌な経験しながらも 社会の中で生きていくし

 

人間関係は 

いろんな場所で いろんな人たちと あるけれど

しんどいな と思う 人間関係は

関係性の構図みたいなものは 

だいたい 

中学生と同じだろうと 思う

 

大人も 露骨なときがある

もう構図も 理解できていれば 

抗議も 主張することは 大人げないし

いちいち傷ついていられないし

バランスを崩す行動はできないし とか

 

そういう配慮みたいなことで

ボロボロに傷ついてたりもする

子ども時代のように 応援隊もいなかったりする

 

多数派の価値観に合わせて生きるから

自分に間違いを探したり 無理をしたり

疲れきってしまう

 

男の子曰く  

ストレスはあるものの

  「とにかく 楽しむってことですよ 今こうやって話してること自体も楽しむ」 

って言うのです

 

凄っ おばさんも そう思ってたとこ・・・

 

スーパー帰りで 夜食用に買った納豆が 腐りそうなくらい

長い 立ち話をしてしまった

 

勉強になる 

おばさんは 子どもの心を持ち続けたいのだな 

と また 気づかせてくれるのだった・・・