おばさんの落ち穂ひろい

ほとんどガス抜き 誤字脱字すみません

暑い・・・

お暑ぅございます

岡山南部27度

母の日ということで

なんらかの感謝を贈ったり受け取ったりの方々も多いのかと

うちの母はこの世におりませんので母の日は苦しい日です

 

アタクシが五十路をまえに

四つ子のおかんになりましたので

そいいうダークな感情も少し薄らいで

昼夜忙殺の毎日です

 

 

忙殺の合間に

実家の土地活用の計画をしていて

将来的に沿道サービスもいけそうなので

役所に行ったり公図を集めたり

整地の見積もりするのに業者さんにきてもらって

水路の権利 計画道など調べて

設置する建物設備の話まで

かなりまとまって来たのですが

昨日 助成金のことをある調べてもらうようたのんでた人(計画参加の人)が

タダくらい事業でいけそうなので ちょっと話しを、、、ってことで

近くの コーヒー店で 話 聞きました

自分夫婦と娘婿のために事業主となってやりたい って言われまして

自分の娘が必要資料をチェックしてるそうで

 

 

は〜??? と思いました

 

お膳立て揃って うまくいきそうになったら

自分らでって意味わかんない

 

ただの借地契約のみじゃん

 

別の土地でやればいいのにっていったら

そこは道が狭い って。。。

 

父のことだから 他人を優先するだろうし

バタバタ 何やってたんだろう

バカみたいだなあとテンション下がってきた。。。

 

聞いてると

娘のこと娘婿のこと

自分たちのことを一生懸命言ってるのだけど

 

なんで 他人の家族一族のために

お膳立てして 良い土地の提供までするなんていう人いるのかなあ

言ってることわかってないのかなあ

 

『それだと私たちの計画はもうできないし 

うちの土地使えないんだったらよそに高い土地を探すしかない』って

 遠回しに怒ってみたけど

 

「あんたは将来どうするの?」って

何言ってんの? そっちがうちの土地使えば全部オジャンです

 

70歳近くなると そういう発想になるのかなあ

そういえば "我が 我が" "婿が" "息子"がっていう 親戚のイジョーな感じに巻き込まれて

遺伝的におかしな人たちなんかなって思ってたけど

もしかして 大多数そうなるのかなあ

 

ま いいや

ネコの離乳食つくろ

 

(宜しかったら見てくださいちびっ子ギャングたち)

 

twitter.com